初夢
               [お宝]
a0045872_23144580.jpg


『初夢』は、江戸時代中期頃からは1月2日に就寝してみる夢を
指すのが一般的であったようです。
この日の宵になると、紙に書いた宝船の絵を
「お宝~~、お宝~~」といって売る、売り声がしたと、言われ
これを枕の下に敷いて眠ると、良い夢が見られるとされていてそうです。

          長き夜の
             疾うの眠りの
             皆目覚め
          波乗り船の
             音の佳き哉


(なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな) という
回文の歌が書いてあるのが一般的で、
「どこから見ても良き夢」を洒落ていたともいわれているらしい・・・です。

今夜は枕の下に敷いて眠りますよぉ!!!!
『初夢』の報告は・・・・夢しだい・・・・
[PR]
by kirink3 | 2008-01-02 23:14 | 徒然

ダブル介護生活
by kirink3
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30